イメージ画像
人気の家族葬|心に残る家族葬


親族・親友・ご近所はすぐに弔問する

訃報を聞いたときの対応は、故人との関係によって異なります。
親族や親しい友人の場合は、すぐに弔問に駆けつけます。
遠方の場合も、できるだけ早く駆けつけましょう。
弔問では遺族にお悔やみを述べた後、手伝いを申し出ます。
手伝いが不要なときは、「あらためて、お通夜に伺います」とあいさつして辞去します。
故人と親しい間柄の場合は、ほかの友人や知人への連絡係を引き受けるとよいでしょう。
親しく近所づきあいをしている場合も、すぐに弔問に行き、手伝いを申し出ましょう。
人手が足りているときは、長居せずに辞去します。
やむをえない事情で通夜や葬儀に参列できない場合は、代理人を立てるか、弔電を打ち、後日弔問します。
遠方や病気などで弔問できないときには、お悔やみの手紙を添えて香典を送ります。

親交の度合いで対応を変える

故人とそれほど親しくない場合、弔問するのであれば玄関先でお悔やみを述べる程度にとどめ、あらためて通夜か告別式のどちらかに参列するとよいでしょう。
故人が会社の同僚、上司、部下、取引先の相手の場合は、親交の深さに関係なく、会社の方針に従います。

危篤の知らせを受けたときは?

危篤の知らせには「生きている間に会ってあげてほしい」という家族め強い願いが込められています。
一刻も早く駆けつけましよう。
服装は派手でなければ、普段着や職堺の服装のままでもかまいません。
お見舞いの金品も不要です。
遠方から駆けつける場合は。万が一を考えて礼装を準備します。
ただし、先方には持参せずに駅のコインロッカーに預けたり、宅配便で送ったりする心配りを。

親族・親しい人の訃報への対応

親族や親しくしていた人の訃報が知らされた場合は、通夜の前に弔問し、遺族にお悔やみの言葉を述べます。
通夜前の弔問、通夜や葬儀への参列が不可能なときは、弔電を打って弔意を伝えます。
供物や供花は喪家の意向を聞いてから送ります。
可能であれば、後日弔問に伺って香典を渡すとよいでしょう。
香典を送付する場合は、かならずお悔やみの言葉を一筆添えて送りましょう。

家族葬・葬儀なら「心に残る家族葬」

東日本大震災を契機に日本人の死生観が変わりつつあります。
それにより生前から自分の葬儀について検討をする方が増え、そのような方のほとんどが「家族葬」を選択されています。
「心に残る家族葬」は、その家族葬を専門に扱う葬儀ブランドです。
通夜・告別式・式中初七日を行う一般的な家族葬(葬儀)で49万5千円。
この中には、生花祭壇・寝台車・ご安置料金・火葬料金・斎場使用料・お棺・収骨容器・枕飾り・自宅飾り・会葬礼状・仏衣・お棺用布団・遺影写真セットなど、葬儀に必要なものが全て揃っています。
もちろん、死亡届や火葬許可代行などの事務サービスも含まれているので、追加費用は発生しません。
家族葬を選ぶなら、「心に残る家族葬」→http://www.sougiya.biz/
参列者を家族や近親者のみにすることで、ご遺族の負担も軽くなります。
人気の家族葬|心に残る家族葬

お悔やみを伝える

お悔やみは簡潔に

お悔やみの言葉は、故人の死を悼み、遺族を慰め、いたわるためのものです。
うまく言葉が出てこないときは、「このたびはご愁傷さまでございます」というだけでもかまいません。

弔問の際は玄関でお悔やみを

弔問に出向いた際には、玄関先で遺族に心を込めてお悔やみの言葉を述べてから、深くおじぎをします。
遺族と面識がない場合は、自分の名前や故人との関係も忘れずに述べましょう。

弔問・参列できない場合

代理人を立てて弔問してもらう
弔電を送る
後日香典を持参して弔問に伺う
香典を送る場合はお悔やみの手紙を添える

お悔やみの言葉の例

このたびは誠にご愁傷さまでございます。
心よりお悔やみ申し上げます。
このたびは木当に残金でなりません。
ご家族の皆様、どうぞ、お力落としのございませんように。

突然のことで、信じられない思いです。
心よりご冥福をお祈り申し上げます
思いがけないことで、なんと申し上げていいのか、言葉がみつかりません。
心よりお梅やみ申し上げます。

皆様のご看病のかいなく、本当に残念なことです。
心よりお悔やみ申し上げます。
先日、お見舞いにうかがったときはとても元丸そうにしていらっしやったのに、残念でなりません。

弔問時の注意点

服装

急いで駆けつけることが大切なので、平服でかまいません。
ただし、あまりにカジュアルな装いは控えましょう。

香典・供物

香典や供物は持参しません。
お悔やみの言葉だけで十分です。
香典や供物は、通夜か葬儀のときにあらためて持参します。

通夜前の弔問

○親しい間柄であれば、通夜前に弔問する
故人や遺族と親しい間柄の場合、可能な限り、通夜の前に駆けつけましょう。

○葬儀の手伝いを申し出る
お悔やみの言葉を述べたら、弔問客の接待や食事の用意などの手伝いを申し出ます。
手伝いが不要であれば、すぐに辞去します。

○弔問のときは、長居しない
遺族の心身の疲労を思いやって、死亡時の状況や死因をしつこく聞いたり、故人の思い出話などを長々としたりするのはやめましょう。

弔問について詳しく知りたい方は下記ページを参照下さい。
http://zexy.net/newlife/manual/mns_okuyami/chapter2.html

故人との対面

故人と親しかった場合、弔問した際に遺族から故人との対面を勧められることがあります。
そうしたときには「ありがとうございます。お別れをさせていただきます」とあいさつして対面します。
対面するのが辛い場合は、「お目にかかるのは辛すぎますので」などといって、断ってもかまいません。
なお、いろいろな状況から、故人の顔は見せたくないと遺族が考えている場合もあります。
故人との対面を弔問者から申し出ることは控えましょう。

弔電を送る

弔電は、故人の冥福を祈り、遺族にお悔やみの気持ちを伝えるためのものです。
葬儀の前日までに、故人の自宅か葬儀会場に着くように送ります。
宛名は喪主にしますが、わからない場合は「故○○様ご遺族様」とします。
葬儀で紹介されることもあるので、不幸を連想させる言葉や重ね言葉などの忌み言葉を避け、わかりやすい文にしましょう。

供物・供花を持参する

○供物や供花は地域や宗派によってちがう
亡くなった人の霊を慰めるために祭壇の周りなどに飾る品物を供物、花を供花といいます。
供物や供花は地域や宗教によってしきたりが異なるので、用意する場合は注意が必要です。

○遺族が供物や供花を辞退する場合も
最近では、飾る場所がない、処分に困るなどの理由から、供物や供花を喪家が辞退するケースも多くなっています。
事前にかならず、喪家の意向を確認するようにしましょう。

香典の相場

香典(こうでん)とは、仏式等の葬儀で、死者の霊前等に供える金品をいいます。
香奠、香料ともいいます。
これは仏教の場合にのみ使う言葉です。

香典は故人との付き合いの深さで相場が決まります。
9を除く奇数の金額にするのが一般的です。
・祖父母 10,000円
・両親 100,000円
・兄弟 30,000~50,000円
・親戚 10,000円
・友人 5,000円
・職場 3,000~5,000円
・隣近所 3,000~5,000円

このページの先頭へ